TEL:0466-53-9340

企業は人なり イメージ写真

今、あなたの会社に必要なのは弁護士ではありませんか?

中小企業の皆様が抱える様々な事業問題。その解決の方法として東京都労働委員会事務局にて法務担当課長として経験を積んだ弁護士が貢献いたします。

顧問契約

顧問契約は、わかりやすい3つのプランで
中小企業の皆様を力強くサポート!!
成長する企業イメージイラスト

Pick Up Column

記事イメージ

中小企業経営者 なるほど!コラムVol.19

会社は、従業員に出向命令を自由に出せるんでしょうか?

この記事を読む

記事イメージ

中小企業経営者 なるほど!コラムVol.20

宗教的な問題で日曜日に出勤を割り振らないでほしいという従業員の要望があるのですが、どのように対応したらいいでしょうか?

この記事を読む

記事イメージ

中小企業経営者 なるほど!コラムVol.21

残業代の問題について

この記事を読む

シーライト藤沢法律事務所の特徴

弁護士が経営の視点を持っています

経営者視点をもつ弁護士 イメージイラスト

東京都労働委員会事務局で経験を積んだ労使交渉のプロフェッショナルが、 企業側・経営者側・使用者側の視点をもって、予防や問題解決にあたります。

連絡手段・情報共有の手段が多様

絡手段・情報共有の手段が多様 イメージイラスト

電話、メールに限らず、チャットワーク、テレビ電話など連絡方法が多様です。ICT(情報通信技術)を推進しており、リアルタイムでの情報共有ができます。

話しやすい・聞きやすい弁護士・スタッフ

話しやすい・聞きやすい弁護士・スタッフ イメージイラスト

弁護士というと敷居が高いとしばしば言われますが、私たちは「イコールパートナー」という意識をもち、「依頼者の良き伴走者となる」ことをモットーに、貴社の発展に貢献致します。



中小企業の事業主様へ

代表弁護士 阿部貴之 写真 シーライト藤沢法律事務所のホームページをご覧いただきありがとうございます。
弁護士の数が増え、弁護士と顧問契約を結んでいる中小企業も増えて参りましたが、未だに顧問弁護士の必要性を感じておられない中小企業が大多数と思われます。
確かに、中小企業の経営者の方からは、「うちの会社は、業界ルールに従って堅実に商売をするから、法律や弁護士のお世話になることはない」などというお話をお伺いすることもあります。 しかし、「人手不足対策で急遽採用した社員が問題社員だった」、「新しい企業と契約したら、トラブル続きで誠実に対応してくれない」、「取引先が倒産して売掛金が回収できない」など、中小企業にも法律トラブルはあります。
もっとも、「顧問弁護士に興味はあるが、経営にどのようなメリットがあるのか?」、「何もトラブルがおきていない状況で何を相談したらいいのか分からない」という中小企業の経営者の方もいらっしゃいます。 まずは、法律事務所や弁護士を知っていただきたいと思っております。弊所では、中小企業が遭遇する様々な法律問題をとりあげ、セミナーなどを定期的に開催して行く予定です。機会がございましたら、セミナーにもご参加いただき、「弊所のカラーや弁護士の人柄と貴社のそれは合うか?」など弊所の雰囲気を感じ取っていただけますと幸いです。

面談のご予約はこちら

面談予約のイメージ まずはお気軽にお問い合わせ下さい
0466-53-9340

受付時間:平日9時~19時
相談時間:平日9時~21時

夜間相談

藤沢駅 徒歩5分

士業連携

Line QRコード