TEL:0466-53-9340

ビル写真

フレックスタイム制①時差出勤

ケース
J菓子会社のX社長 は、新型コロナウィルス対策に悩んでいた。
J菓子会社は先代の店をひきついだX社長が新スイーツをヒットさせたことによって〇〇県でシェアを伸ばし、〇〇県下では7店舗構えるまでに至った。J菓子会社は新型コロナウィルス不況のあおりを受けて経営が苦しくなっていたが、なんとか持ちこたえていた。
しかし、社員も自粛疲れで疲弊している様子が見て取れた。X社長は、「なんとかして社員のモチベーションを保たないといけない」と考えていた。そんな折、人事部長Yから次のような提案をうけた。

【Y人事部長】:「X社長、新型コロナウィルス感染予防のために社員のなかから時差出勤したいという希望が高まっていますし、時差出勤のためにフレックスタイム制を導入してはいかがですか。

【X社長】:「確かに混雑したバスや電車は3密状態だから感染リスクは高いことだし、社員を守ることができるな。フレックスタイム制でも導入しようか。」

提案はしたもののフレックスタイム制について正確な知識を持っていなかったので、人事部長Yは弁護士にオンラインで相談した。

【Y人事部長】:「フレックスタイム制については、何となくイメージがあるのですが、① 具体的にはどのような働き方が可能になるのでしょうか?②ウチはどのようなフレックスタイム制を導入すればいいでしょうか?③導入するためにはどうすればいいでしょうか?」

【Z弁護士】:「まず、①フレックスタイム制について具体例を用いた説明をさせていただきますね。次に、②少しヒアリングをしてから御社の業務にあったフレックスタイム制を提案いたします。③最後に手続きについてご説明します。」

1.フレックスタイム制で可能になる働き方とは?―時差出勤

フレックスタイム制を導入すると、あらかじめ働く時間の総量を決めた上で、日々の出退勤時刻や働く長さを労働者が自由に決定できます。フレックスタイム制が向いているのは
  • 時差出勤を可能にしたい
  • 繁忙期と閑散期がある
  • ワークライフバランスを充実させて求心力のある会社にしたい
といった場合です。

労働者が働く長さを自由に決定できるとは具体的にどういうことかというと……
たとえば、

【社員のニーズ】:新型コロナウィルス感染予防のために時差出勤したいし、子供の送迎がある時には早めに帰りたい

【会社側のニーズ】:10時~15時は電話や来客が多いので、なるべく多くの社員にいてほしいという場合、下記図のような調整が可能です。

フレックスタイム例

参照:厚生労働省「フレックスタイム制のわかりやすい解説&導入の手引き」

上記のフレックスタイム制を導入した場合には、
  • 10時~15時は必ず労働しなければならないが……
  • 月曜日は、電車の混雑を避けて10時に出社して、子の送迎のために15時に退社する
  • 火曜日は、月曜日は短めに働いたので、7時に出社して18時に退社する
というふうにして、社員のニーズと会社側のニーズを調整することができます。
このように時差出勤を導入したい場合にはもちろんですが、より重要なのは繁忙期と閑散期がある会社の場合です。

2.繁忙期と閑散期がある会社の場合のフレックスタイム制

ケース

【Z弁護士】:「J菓子店は時期的に繁忙期と閑散期がありますか?」

【Y人事部長】:「やはり12月のクリスマス時期、2月のバレンタインの時期は忙しいです。」

【Z弁護士】:「なるほど。3ヶ月単位の清算期間を設けるフレックスタイム制を導入するといいでしょう。」

【Y人事部長】:「清算期間?どういうことでしょうか?」



Pick Up Column

記事イメージ

中小企業経営者 なるほど!コラムVol.19

会社は、従業員に出向命令を自由に出せるんでしょうか?

この記事を読む

記事イメージ

中小企業経営者 なるほど!コラムVol.20

宗教的な問題で日曜日に出勤を割り振らないでほしいという従業員の要望があるのですが、どのように対応したらいいでしょうか?

この記事を読む

記事イメージ

中小企業経営者 なるほど!コラムVol.21

残業代の問題について

この記事を読む

面談のご予約はこちら

面談予約のイメージ まずはお気軽にお問い合わせ下さい
0466-53-9340

受付時間:平日9時~19時
相談時間:平日9時~21時

夜間相談

藤沢駅 徒歩5分

士業連携

Line QRコード